本文へ移動

新築工事

新築工事

内部仕上げ工事

2022-03-19
カテゴリ:住宅 新築 リフォーム ブログ
藤岡市の建売住宅です。
エリアは市内でも人気の高い緑町です!
閑静な住宅地はバイパスに隣接しており、新築住宅も多く商業施設にもアクセスのよい立地です。
随時、更新をしてまいります!

5月初旬にオープンハウスです。
ご来場をお待ちしております!!

大工さんの工事が完了です。
写真で見る通り、丁寧に進めて頂いたので、壁紙を張るのが惜しい様にも思えます

2×4では内部の面材も構造壁になります。下枠から上枠まで、外周ぐるりとボードビスを締めます。ピッチも100mmになります。
以前触れたように2×4は枠組壁構造と名の通り、壁面・水平構面全体の構造体です。

そのため、天井も直貼りになります。
在来工法では、梁下に木下地を組んで天井を張るため、非構造体になる所が、大きな違いです

木工事完了後、内装工事に入ります。
クロスを張る前にプラスターボードのジョイント部やビス頭にパテを入れて平滑にします。

2×4工法では開口部に対してストレートにボードを張らず、掛け張りにします。
ボードを張ってからルーターで刳り貫くこともあります。

耐力壁等、諸説有りますが、開口部の四隅のボードジョイント部にはクラックが入りやすいため、ジョイントの無い、一体のボードならひび割れを起こしにくくなりますね

パテを入れたらペーパーサンダーで平滑にします。
下地をしっかりと作ることで、綺麗な壁紙が張れます。

クロスが完了しました!
弊社の若手デザイナーが選定したクロスです。

色が入ると随分と印象が変わります。
子供部屋は可愛いらしい柄や暖かい配色です。

LDのバルーン壁は、輪郭が際立つ凛としたアクセントクロスを選定しました。

細部に渡って、こだわりのカラースキームです。

オープンハウスは5月初旬を予定しております。
みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます!



**********************************************************************
住まいのことなら、不動産からリフォームまで
ワンストップでサービスを提供するフジ住建にお任せを!






外部仕上げ工事

2022-02-18
カテゴリ:住宅 新築 リフォーム ブログ
藤岡市の建売住宅です。
エリアは市内でも人気の高い緑町です!
閑静な住宅地はバイパスに隣接しており、新築住宅も多く商業施設にもアクセスのよい立地です。
随時、更新をしてまいります!

3月初旬にオープンハウスです。
ご来場をお待ちしております!!



屋根工事です。
金属屋根で縦ハゼ葺きです。
部材のジョイントが縦方向のみのため、緩い勾配の屋根でも雨水の侵入に強いものです。
材質はガルバリウム鋼板といって耐候性の高い金属板です。

屋根構造はシンプルで、下葺き材と仕上げ材の2層構造です。
下葺き材が防水シートになります。
屋根工事では仕上げ材を1次防水、下葺き材を2次防水と呼びます。
下葺き材は劣化に強い改質アスファルトルーフィングを使用します。
通常のアスファルトフェルトにゴムや樹脂が添加されています。
外壁は窯業系のサイディングです。
外壁は透湿防水シートという防水紙を張り上げます。
屋根の下葺き材と違って、雨水の侵入は防ぎますが内側からの湿度は透過するという優れものです。
前回、壁内結露について説明をしましたが、室内から流入した湿り空気が、壁内で結露を起こさないよう外部に排出するのです。
また、サイディング材を固定する金具が15㎜あるため、外壁材とシートの間は空気の層が出来ます。
暖かい空気は軽く、冷たい空気は重い性質を利用した「重量換気」を利用して換気をするのです。
下から冷たい空気が引き込まれ上に抜けます。
サイディングを張り終えると板間や開口部の周りをシーリングで充填します。
こちらは変性シリコーンシーリングという材を使用します。
以前は、外部はウレタンを使用することが多かったのですが、現在は変性シリコンが主流です。
変性シリコーンは外部でも使用が出来、油分が弱いため塗装が乗ります。
シリコンでも変性でなくてはなりません。

板間や開口部廻りをマスキングテープで目地幅に養生をします。
変性シリコーンではプライマーという接着剤を材小口に塗布したのち、シール打ちに入ります。
シールを充填したらヘラで圧着し速やかにマスキングテープを取り除きます。
シーリングのバックアップ材(シールの奥行・幅にあったもの)はジョイナーというアルミ材を使用します。
シーリング材は建物の動きに合わせ柔軟に動くため、2面接着(3面では動きが悪くなる)で追従性を高めます。そのため、ジョイナー表面にはボンドブレーカーという処理がされておりシールが付着しません。

こういったジョイントを設けることで、建物が動いても板に亀裂が入りにくくなります。
これをワーキングジョイントと呼びます。

シール完了後、雨樋を吊っていよいよ足場解体です。
いつもそうですが、足場が解体すると何となく山を越えた気持ちになります。

次回は内装仕上げです!


**********************************************************************
住まいのことなら、不動産からリフォームまで
ワンストップでサービスを提供するフジ住建にお任せを!




内部造作工事

2022-01-28
カテゴリ:住宅 新築 リフォーム ブログ
藤岡市の建売住宅です。
エリアは市内でも人気の高い緑町です!
閑静な住宅地はバイパスに隣接しており、新築住宅も多く商業施設にもアクセスのよい立地です。
随時、更新をしてまいります!





内部では防蟻処理を施し内部配線や給排水配管等を済ませます。
配線配管が完了すると断熱材を施工します。
断熱材は旭ファイバーグラスの高性能断熱材であるアクリアクールというグラスウールを使用します

製品は高性能16K(16kg/㎥)です。
グラスウールやロックウール断熱材の室内側は防湿層を設けます。
本製品は防湿フィルム一体型では無く、断熱材を施工してから防湿フィルムを張り伸ばす工法の物です。

一体型に比べ精度よく防湿層が確保出来るのです。
防湿層はべーパーバリアといいます。
建物の壁内結露防止に大きく影響をします。

気密性の高い室内側からの汚染空気(主に呼気)は多くの水蒸気を含みます。
ビニルクロスや石膏ボードを介して壁内へ水蒸気が入り込みますと、壁内に滞留し結露を起こします。
結露水は断熱材を濡らします。

水分を含んだ断熱材の熱貫流抵抗は1/2ともいわれ、断熱性能は著しく低下します。
加えて木材の腐食も進みます

壁内結露は気密性の高い木造住宅にとって非常に問題となります。
そこで室内からの湿り空気の流入を防ぐため、べーパーバリアを施すのです。
この防湿層が一体になれば効果が高いことが判りますね。

高気密・高断熱住宅は、気密測定という計測を行い「隙間相当面積」を算出します。
C値やQ値などを耳にした方も少なくないのではないでしょうか。

Q値(熱損失係数)は熱量を表すQauntityの頭文字です。数値が小さい程、断熱性能が高い(高断熱)ということになります。
C値(隙間相当面積)は室内からみて家の中にどのくらいの隙間があるかを表す数値です。
やはり小さいほうが熱の出入りが少ない(高気密)ため冷暖房効率が高まります。
UA値(外皮平均熱貫流率)はQ値に替わり断熱性能を表す数値になりました。
ZEHの基準値に使います。
高気密・高断熱住宅は旧来の日本家屋とは異なります。
呼吸をする家とは、内外の温度差が少なく風通しの良い家です。
冬は寒く夏は涼しい(熱は籠りにくい)です。
木が吸湿乾燥を繰り返すので腐朽菌が発生しにくいのです。

最古の木造建築の法隆寺が現存するのも木が腐らないことが一つの理由ですね。
どちらが良いのかは判りませんが、住宅の性能は日進月歩進化を続けております。

次回は外部仕上げ工事のレポートです!



**********************************************************************
住まいのことなら、不動産からリフォームまで
ワンストップでサービスを提供するフジ住建にお任せを!





サッシ・防水工事

2022-01-14
カテゴリ:住宅 新築 リフォーム ブログ
藤岡市の建売住宅です。
エリアは市内でも人気の高い緑町です!
閑静な住宅地はバイパスに隣接しており、新築住宅も多く商業施設にもアクセスのよい立地です。
随時、更新をしてまいります!





建て方が完了しました。

雨対策でタイムリーに屋根の下葺きに入ります。
木下地の上に防水紙を敷き込むことを下葺きと呼びます。

防水紙は改質アスファルトルーフィングを使用します。
レギュラー品である『940』23k(23kgの重量)のものよりも劣化に強いものになります。

また、外部の雨仕舞(防水紙を張って雨水が入らないようにすること)を進めるため、荷重を掛ける石膏ボード搬入・サッシ取付けを行います。

荷重を十分に掛けたら、バンドの釘を締め、ベランダFRP防水工事を済ませます。

バンド釘固定が終了したら、いよいよ外壁工事の防水紙の施工に入ります。

在来工法と手順が違うツーバイフォーの施工管理に於いては、しっかりとした知識が求められます。
ツーバイフォーは気密性が高くキューブ状の面構造から地震にも強いとされています。
昨今の在来工法も地震には強いことから、どちらが優れているというわけではありません。

1F床・壁のジョイント、2F床・壁のジョイント、小屋根太・小屋壁のジョイントなどにはそれぞれ構造用の帯金物で繋ぎます。

締める釘にはZN釘を使用します。
屋根工事や石膏ボードを搬入し建物に荷重を掛けた後、建物を沈ませて釘の本打ちを行います。
次回は内部造作工事のレポートです!



**********************************************************************
住まいのことなら、不動産からリフォームまで
ワンストップでサービスを提供するフジ住建にお任せを!





フレーミング工事②

2022-01-07
カテゴリ:住宅 新築 リフォーム ブログ
藤岡市の建売住宅です。
エリアは市内でも人気の高い緑町です!
閑静な住宅地はバイパスに隣接しており、新築住宅も多く商業施設にもアクセスのよい立地です。
随時、更新をしてまいります!





2×4(ツーバイフォー)とは2インチ×4インチの材を204と表記し、204を基本の構成材料に作られます。

壁は、下枠・縦枠・上枠・頭つなぎで下地が構成されます。
両面に面材が貼られて構造壁となります。
外壁では構造用合板、内部では石膏ボードを張ります。

2×4では、つり合いよくX方向、Y方向の耐力壁線上に耐力壁を設けます。
その際、開口部等の制限もあります。
耐力壁線の開口幅は4m以下とします。また、全体の3/4以下に抑えなくては耐力壁線の用を成しません。
つまり壁線全体の1/4は開口の無い壁でなくてはなりません。
耐力壁線でハッチングされた床面積を40㎡以内に収まるよう計画をします。

ツーバイフォーは面構造です。
壁全体・床全体で応力伝達を行うので壁工法とも呼ばれます。 
対して、在来工法は軸力で外力を伝達するため軸組工法と呼ばれます。

ツーバイフォーの耐力壁では、枠組み+面材(外周@100mmの釘ビス打ち※川の字ではNG)という基準のため、在来工法と明確に分けて考える必要があります。
面材の外周部を固定するため、上枠・下枠に達しない場合には水平継ぎ手も入れます。

また、開口部も掛け張りのため、後からトリマーで開口する光景を現場では目にします。
そのため在来工法に比べ、面材のロス率や産廃費用は高いです。

在来・ツーバイ、それぞれの特徴がありますね。
次回はサッシ・防水工事のレポートです!



**********************************************************************
住まいのことなら、不動産からリフォームまで
ワンストップでサービスを提供するフジ住建にお任せを!





株式会社フジ住建
〒375-0024
群馬県藤岡市藤岡2078番地の1
TEL.0274-23-3963
FAX.0274-23-0875
リフォーム・リノベーション   
不動産・新築・外装工事

 
0
9
8
8
5
4
TOPへ戻る