本文へ移動
外壁リノベーション
工事内容・・・サッシ交換・外壁重ね張り(金属サイディング)・屋根葺き替え(陶器瓦→金属屋根)
施工前
施工後
サッシ交換、金属サイディングの外壁カバー工法、屋根葺き替え、雨樋交換、ベランダ改修と外装全体のリフォームを行いました。
サッシ交換では『こども未来住宅支援事業』の補助金交付を受けることが出来ました。
施工前
施工後
屋根は年数の経過した陶器瓦です。
瓦の袖口も開いているため、横方向の雨では瓦の裏側に浸水してしまいます。

下葺きと呼ばれる防水紙も経年の劣化によるひび割れが散見され下地の野地板も痛んでいます。
天井面には雨染みが多く、慢性的な雨漏りが有ったことが確認出来ます。

野地板は構造用合板を重ね張りすることで剛性を高め、防水紙も新しい『改質アスファルトルーフィング』を施すことで安心で雨漏りの無い屋根に生まれ変わりました。
施工前
施工後
熱の伝わり方に『輻射熱』というものが有ります。
エアコンで室内温度を上げても、ガラス面からの輻射熱が冬場の体感温熱感覚を著しく下げるのです。
断熱サッシ交換によって室内の温熱環境が大きく改善されました。
『断熱リフォーム』のサッシの交換では最も体感的に効果的と言われるのがサッシ部になります。
施工前
施工後
また、断熱サッシは外部環境負荷の低減にもなるため、電気料金も大幅に改善されます。

健康増進と光熱費低減のメリットや、国からの手厚い助成金によって、『窓リフォーム』が大変おススメとなっております。
施工前
施工後
また、軽量の金属サイディング重ね張りもおススメです。
色や柄も豊富で、素敵な外観に生まれ変わります。
金属サイディングの重ね張りでは、下地となる通気層が確保できるため、夏場の暑い空気は通気層から上部の排気口に排出されます。
こちらも、室内の温熱環境の改善に効果があります。
複合サッシの内観側は樹脂を使用しているため、結露が起こりにくく熱も伝えにくくなります。
ガラスは2重で空気層のある『ペアガラス』となり、こちらも単板ガラスに比べ、熱の伝わりが緩やかになります。
ガラスの内側には、赤外線熱波長のみ反射をする、透明度の高い金属皮膜が施されているため、夏場の日射遮蔽に効果的です。

是非、断熱リフォームのご相談をお待ちしております!







工事内容・・・外部改修工事・計画換気工事他
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
〈工事内容〉
・外壁カバー工事
・樋交換、新規軒天張り、破風巻き板金
・サッシ交換(一部)
・ウッドデッキ交換工事
・24時間換気工事
・畳表替え

〈お客様からのご相談〉
外壁がふやけて、一部穴が開いてしまっている。
室内の結露がすごく、お部屋の窓廻りのカビや建材の劣化が進んでいる。

ご来店にてご相談を受け、後日現地確認に伺いました。
弾性塗料仕上げの外壁が波を打っていて、各所、表面の剥離や外壁材の反りが確認出来ました。
波の形状から、合板のような積層材の表面が浮いているようです。
建物内に入ると窓廻りの結露が酷く、サッシや窓枠は黒カビが多く発生していました。
室内からの湿気が、外壁に影響を及ぼしているのかとのご相談もありましたが、中と外はそれそぞれ別の要因であると推測しました。
外部では中間に付けられた木製の付梁付近からの雨水の侵入、内部では換気計画がとれていない(換気のための給排気が無い)ことが原因であると結論付けました。

足場を設置して付梁を確認すると、付梁上端の雨仕舞(雨水が侵入しないようにするための措置)が有りませんでした。
解体すると、付梁裏側には多くの水道(みずみち)があり、直下の外壁材のラミナーが剥離していることが確認できました。
外壁は合板に弾性塗料が塗られている仕上げでした。
どのような建材なのかは不明ですが、おそらくは23条区域の条例(外壁で延焼のおそれのある部分には準防火性能の外壁材で仕上げる)に準拠していない仕上げになっています。
付梁を解体後、傷んだ合板を交換します。
合板を剥がすと裏側は通気層があり、透湿防水シートが確認できます。
通気層より室内側がしっかりと施工されていますので雨水の室内への侵入は無かったようです。

合板を交換したのち、再度、透湿防水シートを施します。
さらに通気層を確保し、金属サイディングでカバーをします。
木表しの軒にも不燃材料の軒天井材を貼り、破風はGL鋼板で覆います。

雨樋も交換しました。
使用していない古い温水器(床暖房の熱源機)とオイルタンクを撤去します。
ウッドデッキは腐食が進んでおり今回は樹脂製のデッキに交換します。
ウッドデッキは解体すると、シロアリの被害を受けていました。
木質のデッキは、条件にもよりますが、1年単位程で、キシラデコールのようなオイルステイン塗料でメンテナンスをしていかないと、劣化が進んでしまいます。
今回は樹脂製のため塗装メンテナンスフリーのデッキです。
室内では換気計画をたてます。
築浅の気密性の高い建物のため、24時間換気とし、給気口と排気口を第三種換気で計画します。
各居室には自然給気口を設け(1ヶ所もありませんでした)、1階は洗面所に機械排気(洗面所にも局所換気がありませんでした)を設けます。
2時間で室内の空気が全て入れ替わる排気量相当にて排気ファンを選定します。
2階トイレの換気扇はスイッチがありません。
人感センサーになっており、トイレ使用時以外は作動しない設定になっていました。
入切スイッチを設け、常時回転できるように再利用します。
2階の各居室にも自然給気口を設けます。
特に結露の酷かったサッシはペアガラス内部にも劣化が進んでいたため、障子の交換をします。
窓枠やサッシレール内の黒カビも丁寧に清掃しました。
換気が全く採れていなかった室内は、計画的に換気ができるようになり室内環境も改善されました。
和室は畳の表替えをし、工事は完了となりました。      




〈使用外壁材〉
上部外壁柄:KMEWはる一番斜石柄 クリーミーホワイト色
下部外壁柄:KMEWはる一番斜石柄 ローストブラウン色
ウッドデッキ:YKK リウッドデッキ:ウォームグレイ色
樋:パナソニック社 ファインスケアNF-I:ブラック色

〈お客様の声〉
仕事が丁寧で細かい部分にも気を使って頂きました。
想像よりとても良い色合いで大変満足です。












金属サイディングカバー OUTER WALL RENOVATION

施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
工事内容:
金属サイディングのカバー工法及び付帯部塗装工事

お客様ご要望:
外壁は塗装では無くサイディングのカバーで行いたい。
全体的に落ち着いたトーンにして、バルコニー部にアクセント柄を使用したい。
      
使用外壁材:
ベース柄:KMEWはる一番斜石柄
     ウイロウグリーン
アクセント:KMEWはる一番和木目柄2
      和木目グレッシュグレー

お客様の声:
外壁色の選定が良く、想像通り良い色合いになり大変満足です。
ご近所でも好評を頂いております。
細かな所まで気づき対応していただきありがとうございます。







工事内容・・・外壁塗装、 新規ポリカ屋根設置、 基礎塗装、 屋根一部しっくい補修
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
 工事内容:外壁塗装、ポリカ屋根工事、基礎工事、屋根一部しっくい補修工事

お客様要望:外部の劣化が気になるのと
      外壁の色も変えたいです。
      ポリカ屋根が劣化しているため
      交換したいです。

お客様の声:外壁も綺麗になり、
      色も明るくなりよかったです。
      屋根のしっくいも直してもらい
      ありがとうございました。






工事内容・・・外壁塗装、 樋修理、 換気扇ダクトフード交換
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
工事内容:外部塗装・樋塗装・樋交換・換気扇ダクトフード交換

お客様要望:外部の劣化が気になってきた。
      全体的にきれいにしたい。
   ※他 作業中気になる劣化部分交換

外壁塗料:ロイヤルシリコン

お客様の声:外壁も綺麗になり、
      気になっていた換気ダクトフードの
      交換もありがとうございました。
      工事終了後の後始末もキチンとしていて
      感心しました。
    
      工事予定や進捗状況等の連絡が
      丁寧にあり安心して任せられます。
      ありがとうございました。

      




外壁塗装・・・外壁塗装 シーリング打ち替え ヘアークラック補修
藤岡市の外壁リフォームです。

築10年と築浅のご物件ですが、サイディング板間のシーリングの劣化や板のヒビ割れが目に留まり、調査とお見積もりのご依頼を頂きました。

調査状況は、板端部の割れ・細かなクラック(毛髪程度のヒビ)・シーリング劣化が見られました。

外壁材にも依りますが、塗装のメンテナンスの期間は10年が目安になります。まだまだ綺麗な状態ですが割れやシールの劣化を直すのと合わせ塗装もすることになりました。

高圧洗浄 下地処理

高圧洗浄をして表面の汚れを丁寧に落とします。
続いて板間・開口廻りのシーリングの撤去を行います。
劣化したシーリングは、弾性が低くボロボロとしています。

撤去した目地の裏側が青く見えるのは「ボンドブレーカー」といいます。
サイディングの板間はワーキングジョイントといい、躯体の動きに追従する機能を持たせて板の割れを防ぐものです。

ワーキングジョイントは、3面接着では追従性が保てないため、2面接着が必須となります。
青いテープにはシーリングが付着しない仕組みで2面接着を保つようにになっています。
そのため除去後も綺麗に露出するのです。

シーリング打ち

シーリング材は2液性の変性シリコーンになります。

2液性とは、現場で主剤と硬化剤を混ぜたものを使用するタイプのシーリングです。

変性シリコーンは耐候性に富み、塗装も出来る材になります。

材種によっては塗装が乗らないものや外部環境に弱いものもありますので、適材適所の材を選択する必要が有ります。

藤岡市 外壁 塗装 リフォーム

塗料は「水系ファインコートシリコン」遮熱タイプです。

元のツートンを生かし、今回も2色仕上げを選択しました。
色彩の与える感覚は膨張効果や寒暖効果・面積効果などあります。
「面積効果」は、面積に比例して色の感覚値が増進する効果です。

色見本帳から色を選定する際、外壁塗装では面積効果を加味して選定します。

実際に気に入った色から2段階ほどトーンを下げ選択をします。

割れ・クラックの補修を丁寧に施し、綺麗な仕上がりとなりました。









外部塗装・・・屋根塗装 外壁塗装 付帯塗装
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
施工前
施工後
工事内容:外部塗装・樋塗装・屋根塗装
 
お客様要望:塗装汚れや劣化、屋根が白くなってきた。
      外部の劣化が気になってきた。
      全体的に明るくきれいにリフレッシュしたい。
 
工事内容:屋根:遮熱塗料 外壁:フッ素系塗料 付随設備機器:ロイヤルシリコン
 
お客様の声:キレイになったのは勿論、色の仕上がりに大変満足しております。
      それぞれの塗料の特性や色のバランスの取り方、色彩の感じ方など
      専門家の設計士さんの造詣の深さに驚きました。
      ありがとうございました!

増改築 リフォーム 不動産 藤岡市 高崎市 前橋市

施工前
施工後
工事内容:外部塗装・樋掛替・屋根工事
外部状況:野鳥による獣害
     外部の劣化
お客様要望:野鳥のフン害による雨樋の詰まりや破損の修復
      外部の劣化が気になってきた
 
外部の塗装を行い、外観を綺麗にしました!
獣害の原因も改修し、樋の掛替も行いました。
細かな個所まで塗装し、外部全体を綺麗に仕上げました!!
 
お客様の声:とても良くして頂きました。全般の仕事が丁寧で細かい部分にも気を
      使って工事をして頂きました。
施工前
施工後
工事内容:屋根カバー工法・外壁一部カバー工法・外部塗装・樋掛替・破風巻板金
外部状況:全体的外部の劣化
お客様要望:コロニアルの屋根が劣化してきたため
 
屋根の劣化がきっかけで外部全体のリフォームを行いました!!
屋根、外壁、樋、破風のリフォームを行い外観が綺麗になりました。
 
お客様の声:業者選びの段階からいろいろ悩みましたが担当者の方々や職人さん、
      皆さん丁寧に対応して下さり大変満足しております。
施工前
施工後
工事内容:外部塗装
外壁状況:全体塗装劣化
お客様要望:外壁をきれいにしたい
 
既存と似たような色を塗りリフレッシュ!!
樋は掛け替えをして外観がきれいになりました。
施工前
施工後
建築data:外壁面積 約170㎡
外壁状況:全体塗装劣化
お客様要望:外壁をきれいにしたい
工法:外壁塗装 アートフレッシュ
 
窓枠:無垢の木枠→窯業系のサイディング
サイディングにすることによって耐久性が増した。
施工前
施工後
建築data:外壁面積 約80㎡ 
既存外壁:窯業系外壁材
外壁状況:全体塗装劣化
お客様要望:外壁をきれいにしたい
工法:外壁塗装 アクリルシリコン塗装
↓マウスを重ねると、before写真が見れます!
施工前
施工後
建築data:外壁面積 約250㎡ 
既存外壁:モルタル+木板
外壁状況:全体塗装劣化、木部劣化、庇(パラペット)雨漏り等
工法:塗装をメインとした、外装一式リフォーム
 メイン外壁(モルタル部) → シリコン樹脂塗装
 木部外壁・戸袋      → 板金サイディングカバー工法
 庇(パラペット)     → パラペット屋根から勾配屋根に変更
 樋            → 架け替え
施工前
施工後
建築data:外壁面積 約60㎡ 築20年程度
既存外壁:モルタル
外壁状況:塗装劣化、一部クラック
工法:クラック補修後にアクリルシリコン塗装
↓マウスを重ねるとbefore写真が見れます!!










施工前
施工後
建築data:外壁面積 約130㎡
外壁状況:塗装劣化
工法:金属系外壁材 カバー工法
外壁材:KMEW はる一番
施工前
施工後
建築data:外壁面積 約150㎡
外壁状況:プリント板金の劣化
工法:既存板金外壁撤去→窯業系サイディング張り
メリット
・建物の美観・重厚感UP
・遮音性と断熱性UP
株式会社フジ住建
〒375-0024
群馬県藤岡市藤岡2078番地の1
TEL.0274-23-3963
FAX.0274-23-0875
リフォーム・リノベーション   
不動産・新築・外装工事

 
1
3
2
2
4
1
TOPへ戻る
住宅のリフォーム工事・店舗改修・増改築に対応。ご相談をお待ちしております。